2012年7月26日木曜日

【アニキ】北極の氷が溶けすぎて白熊は大変困っているようです

はいどうも。

最近、寄生獣という漫画を読みました。と言っても、十数年前に読んだものを読み返したのです。


とてもグロテスクな描写が多い作品ですが、様々な事件・出来事への決着がキチンとついていて、読後の爽快感があります。


ネガティブなイメージのある「寄生」という言葉ひとつ取っても、「寄り添って生きる」というポジティブな意味に置き換えることもできます。


「命」というのは人間が作った概念ですが、人間以外の「命」も本来は同列であるのだ、と考えさせる作品のように思います。

全十巻(完全版八巻)の、そこまで長くない作品です。機会があれば気軽に読んでみて下さい。


◎本日の格言
「プログラマーとは21世紀の土方だ。」
     某プログラマー

2 件のコメント:

  1. ありゃー名作だ。ところでハリウッド化は、いつだろうね。

    返信削除